PR

ニュース 社会

元「歌のお兄さん」覚醒剤使用認める 東京地裁で初公判

Messenger
沢田憲一容疑者(所属事務所のホームページから)
沢田憲一容疑者(所属事務所のホームページから)

 覚醒剤を使用したとして、覚せい剤取締法違反の罪に問われた兵庫県伊丹市の音楽講師、沢田憲一被告(49)は29日、東京地裁(福嶋一訓裁判官)の初公判で「間違いありません」と起訴内容を認めた。検察側は懲役1年6月を求刑し、即日結審した。判決は12月10日。

 沢田被告はNHKの子ども向け番組で平成8年から3年間、「歌のお兄さん」として活動していた。被告人質問で「約2年前から覚醒剤を使った。作曲などの仕事でストレスがたまっていた」と述べた。

 検察側は論告で「被告から音楽を教わっている子どもらを失望させた」と指摘。弁護側は反省しているとして執行猶予付き判決を求めた。

 起訴状によると、今年9月、仕事で訪れた東京都内で覚醒剤を使用したとしている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ