PR

ニュース 社会

日本語学校経営者殺害「トラブルない」生徒ら悼む声

Messenger

 専務によると、同社はもともと、アジアと取引を行う企業の経営コンサルタントとしてスタート。岩井さんについて「学生を日本の大学、専門学校に進学させるのが目的と思っていた。目的を持ってやらない生徒には厳しい一面もあったが、使命感があり、学生を愛していた」と話した。

 生徒のネパール人男性(21)は「会うと『おはよう』とあいさつしてくれて、『頑張って』と励ましてくれた。とても優しい先生だった」と振り返り、「事件は知らなかった。みんな心配している」と悲しそうな様子で語った。

 別のネパール人男性(20)も「学校に入るときに『皆さん、頑張ってください』ととても大きな声で話してくれた。そんな元気な人がこんなに早く亡くなったことは思いもよらないことで悲しいし、びっくりした」と話した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ