PR

ニュース 社会

JR北浦和駅前の雑居ビル全焼、大量の煙に一時騒然

Messenger
火災の発生したビルの消火活動にあたる消防士ら=28日、さいたま市浦和区北浦和(飯嶋彩希撮影)
火災の発生したビルの消火活動にあたる消防士ら=28日、さいたま市浦和区北浦和(飯嶋彩希撮影)

 28日午前11時35分ごろ、さいたま市浦和区北浦和のJR北浦和駅西口沿線の雑居ビル1階の女性従業員(50)から「2階から煙が出ている」と119番通報があった。この火災で鉄骨3階建てビルが全焼したが、けが人はなかった。

 埼玉県警浦和署や消防などによると、消防や救急など計24台が出動し、午後2時5分ごろ鎮圧された。ビルは1階に居酒屋やカラオケなど飲食店が4店、2階にダンススクール、3階にエステ店が入居。出火当時、通報者以外の従業員や客はいなかったという。同署らは火元の確認を急いでいる。

 現場は北浦和駅の線路沿いだが、この火事による電車への影響はなく、通常通り運行した。ただ、激しく立ち上る煙は駅のホームにまで到達し、駅利用者らは一時騒然となり、スマートフォンのカメラで撮影する人が相次いだ。

 駅近くに住む男性(28)は「ベランダから大きな煙が見え、慌てて家を出るとすごい臭いだった」と驚いた様子。仕事で来ていた女性(58)は「こんな火事は初めて見た。燃え移ることもなく、けが人もなくてよかった」と話していた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ