PR

ニュース 社会

京セラ元社員 2900万円詐欺容疑で再逮捕

Messenger

 電子機器メーカー大手の京セラ(京都市)から約2900万円をだまし取ったとして、神奈川県警捜査2課は28日、詐欺容疑で同社神奈川秦野工場(同県秦野市)の元経理責任者、中川伸幸被告(52)=別の詐欺罪で起訴=を再逮捕した。容疑を認めている。

 再逮捕容疑は平成28年3月22日、同社が受け取っていた返還する必要のない開発委託費を、一時返還する必要があるように装い、同社の預金口座から自身の預金口座に約2900万円を送金し、だまし取ったとしている。

 県警によると、中川容疑者は容疑を認めた上で、「住宅ローンの返済や遊興費に使った」と供述しているという。社内調査でこれまで約1億2600万円を着服していたことが明らかになり、同社は中川容疑者を懲戒解雇後、今年2月に業務上横領罪で刑事告訴。同課が7日に約3700万円をだまし取った詐欺容疑で逮捕し、その後、横浜地検が起訴していた。これまでに約6千万円が同社に返還されているという。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ