PR

ニュース 社会

女子中学生らをキャバクラで接客させる 容疑で店長を逮捕 警視庁

Messenger

 15歳の女子中学生らをキャバクラ店で働かせたとして、警視庁少年育成課は風営法違反(年少者使用)の疑いで、東京都葛飾区新小岩のキャバクラ店「CLUB Triple(クラブ・トリプル)」店長で住居不定、高井裕平容疑者(29)を逮捕した。調べに、「間違いありません」と容疑を認めている。

 少年育成課によると、高井容疑者は9月中旬~11月初旬、いずれも15歳の中学3年と無職の少女2人を雇い入れ、従業員として働かせていた。

 高井容疑者は厚生費など架空の名目で2人の給料を減額。1人に対しては男性従業員と連絡先を交換した罰金として50万円の支払いを求めていたという。

 逮捕容疑は11月、年齢確認を十分にしないまま18歳未満の少女2人を雇い、接客させたとしている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ