PR

ニュース 社会

山形県教委、自殺のセクハラ教諭に退職手当「全部不支給」と決定

Messenger
セクハラ行為など山形県立高職員の処分があり陳謝する県教育委員会の広瀬渉教育長ら(右から2人目)=27日、県庁(柏崎幸三撮影)
セクハラ行為など山形県立高職員の処分があり陳謝する県教育委員会の広瀬渉教育長ら(右から2人目)=27日、県庁(柏崎幸三撮影)

 山形市内の県立高校の女子生徒にセクハラ行為をし、自宅謹慎中に自殺した40代男性教諭に対し、県教育委員会は27日の委員会で退職手当を支払わないとする支給制限処分(全部不支給)を決定した。退職手当支払いの是非を審議する県退職手当審査会の決定に従った。男性教諭が勤務していた高校の50歳代校長については戒告処分とした。

 会見した広瀬渉教育長らは「被害に遭われた方々、保護者の方々、県民の方々に心からおわび申し上げます」と陳謝した。

 県教委によれば、男性教諭は、平成29年6月から9月ごろ、放課後に顧問を務めるクラブの女子生徒を「指導したいことがある」などと呼び出し、校内の準備室で2人きりになる状況で、キスしたり抱きついたりするなどの行為を数回行った。30年4月から6月にも別の女子生徒に同様の行為を行うほか、キスを強いる発言もした。県教委によれば、数人の女子生徒が被害を受けたという。

 また県教委は27日、尾花沢市内のコンビニエンスストア内で女性従業員のでん部を撮影し、山形区検察庁が県迷惑行為防止条例違反で略式起訴した同市立小学校の50歳代男性教諭を停職1年の懲戒処分にしたと発表した。男性教諭は同日、依願退職願を提出し承認された。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ