PR

ニュース 社会

茨城・常陸大宮市が建設業協会と災害時協力協定締結

Messenger
協定を結んだ茨城県常陸大宮市の三次真一郎市長(中央)と同市建設業協会会長ら=27日午後、同市中富町(永井大輔撮影)
協定を結んだ茨城県常陸大宮市の三次真一郎市長(中央)と同市建設業協会会長ら=27日午後、同市中富町(永井大輔撮影)

 茨城県常陸大宮市や同市建設業協会、同市北西部建設業組合は27日、大規模災害時に市と建設業者が協力し、応急復旧作業を迅速に進めることを定めた協定を締結した。

 既存の協定を改める形で、要請手続きや費用負担などを明確にし、新たに協定を結んだ。市災害対策本部が協力を要請すると明記し、大規模災害が起きた際、道路や橋などの公共施設の復旧がより円滑になることが期待されている。

 三次(みつぎ)真一郎市長は「地震や台風など自然災害時に、市の要請で迅速に対応できるため、協定は大変心強い」と述べた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ