PR

ニュース 社会

遺体発見前日に事件兆候か 犠牲の知人と連絡取れず 宮崎民家6人殺害

Messenger
遺体が見つかった民家の家族構成 宮崎民家6人殺害
遺体が見つかった民家の家族構成 宮崎民家6人殺害

 宮崎県高千穂町の民家で世帯主の農業、飯干保生さん(72)ら住人5人と知人男性の遺体が見つかった殺人事件で、発見前日の25日から知人男性と親族との間で連絡が取れなくなっていたことが27日、分かった。知人男性とみられる人物が25日に一家に生じたトラブルの仲裁に向かったとの情報もあり、県警はこの日に事件の兆候があったとみて調べる。

 県警は行方不明となっている飯干さんの次男、昌大さん(42)が何らかの事情を知っているとみて捜査。27日午前、現場から約3キロ離れた「神都高千穂大橋」の下の五ケ瀬川で見つかった遺体が昌大さんとみて引き揚げ作業を始めるとともに、飯干さん宅や周辺を現場検証した。

 県警などによると、知人男性は同県五ケ瀬町の農業、松岡史晃さん(44)で、昌大さんと知り合い。25日から連絡が取れないのを心配した松岡さんの父親が26日午前11時ごろ県警に相談した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ