PR

ニュース 社会

歩道橋に釣り糸?張られ 男児転び軽傷 神戸

Messenger

 26日午後5時40分ごろ、神戸市垂水区本多聞の歩道橋で、手すりに糸のようなものが張られており、同区の小学4年の男児(10)が転倒し軽傷を負ったと通報があった。兵庫県警垂水署が傷害事件として捜査している。

 同署によると、男児は同日午後3時40分ごろ、学校から帰宅中に歩道橋を渡っていたところ、腹に糸が引っかかり転倒し、顔を打撲した。手すり(高さ約70センチ)には、長さ約140センチの透明の釣り糸のようなものが張られていたという。

 現場は神戸淡路鳴門自動車道の垂水ジャンクションから西に約2キロの住宅街。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ