PR

ニュース 社会

心臓手術で女性患者死亡 京大病院

Messenger
記者会見で謝罪する京都大病院の稲垣暢也病院長(中央)ら=26日午後、京都市
記者会見で謝罪する京都大病院の稲垣暢也病院長(中央)ら=26日午後、京都市

 京都大病院は26日、心臓手術で肺動脈カテーテル(細い管)を使用し、60代の女性患者の心臓を傷つけ、患者が死亡したと発表した。

 京大病院によると、カテーテルを挿入し、位置を調整するため引き抜いた際、心臓の右房壁と呼ばれる場所が損傷し、出血した。女性は手術から4カ月後、低酸素脳症で死亡した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ