PR

ニュース 社会

定置網点検で潜水作業中に女性が死亡 三重・尾鷲沖

Messenger

 23日正午ごろ、三重県尾鷲市須賀利町沖に設置された定置網の下で、潜水作業をしていた会社員、田中優未さん(41)=東京都墨田区=が動かなくなっているのを一緒にいた同僚の男性が見つけた。田中さんは作業船に引き揚げられ、病院に搬送されたが、間もなく死亡が確認された。

 尾鷲海上保安部によると、田中さんは同日午前11時45分ごろから、定置網を点検、補修する作業に当たり、水深約25メートルの海底で動かなくなっていた。死因は海水を吸引したことによる窒息で、同保安部が詳しい状況を調べている。

 東京で居酒屋などを経営する企業が3月から定置網漁を始めており、田中さんはこの企業の社員だった。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ