PR

ニュース 社会

「煮えた鍋に顔」社長提訴 芸能事務所の男性、告訴も

Messenger

 会社の忘年会で煮えた鍋の中に頭を押さえ付けられて顔をやけどしたとして、芸能事務所で働いていた男性が、社長に損害賠償を求めて東京地裁に提訴することが分かった。男性と弁護士が22日、東京都内で記者会見して明らかにした。慰謝料などの請求額は今後詰める。男性は傷害罪で社長を警視庁渋谷署に刑事告訴もすると述べた。

 関係者によると、芸能事務所は「MELM」(東京都渋谷区)。社長は同日、取材に応じ「頭を押したことに間違いない。やけどを負わせて申し訳ない」と謝罪した。同日付で社長を退いたことを明らかにした。

 男性側によると、平成27年12月20日、東京都渋谷区の鍋料理店で開かれた会社の忘年会で、2回にわたり社長に頭を押さえられ、顔を鍋の中に入れられた。その場には取引先も含め約10人がいた。社長によると男性は忘年会の幹事だった。

 男性は、社長から謝罪の言葉はなかったと主張しているが、社長は忘年会翌日に見舞いに赴き謝罪したとしている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ