PR

ニュース 社会

偽造在留カードの行使や不法滞在疑い 横浜の中国人12人を逮捕 

Messenger

 偽造在留カードを所持したなどとして、神奈川県警国際捜査課は21日、入管難民法違反容疑で、横浜市神奈川区大口通の内装工、薛暁勇(セツギョウユウ)容疑者(30)ら中国籍の男12人を逮捕した。いずれも容疑を認めている。

 薛容疑者の逮捕容疑は9月25日、川崎市麻生区虹ケ丘の工事現場で、現場管理者に身分証として偽造在留カードを提示したとしている。ほか11人は偽造カードを所持していたほか、在留期間を過ぎて国内に残留していたなどとしている。

 同課によると、薛容疑者以外の11人は横浜市内にある住宅2軒で共同生活をしていた。また、薛容疑者の妻がインターネット上で別の中国籍の男に依頼し、偽造在留カードを1枚数万円で購入していたといい、同課が事件の詳しい経緯を調べている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ