PR

ニュース 社会

ゲームソフト入った改造機販売した疑い、会社員逮捕

Messenger

 島根県警安来署は19日、任天堂のゲームソフト「スーパーマリオブラザーズ」などが入った改造ゲーム機3台を違法に販売したとして、商標法違反と著作権法違反の疑いで茨城県鹿嶋市宮津台、会社員、宮本智幸容疑者(39)を逮捕した。

 逮捕容疑は4~5月、スーパーマリオブラザーズなど五つのゲームソフトプログラムが入った改造ゲーム機3台をネットオークションで計6万1500円で売り、任天堂などの商標権や著作権を侵害した疑い。

 安来署によると、5月にサイバーパトロールした際、正規品では21種類のソフトしか入っていないゲーム機が、約350種入っているゲーム機としてネットオークションに出品されているのを見つけ、捜査していた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ