PR

ニュース 社会

新幹線殺傷「無期懲役を狙った」 22歳男を起訴

小島一朗容疑者
Messenger

 東海道新幹線で6月、乗客の男女3人が殺傷された事件で、殺人と殺人未遂の疑いで送検された無職の小島一朗容疑者(22)が「自分で考えて生きるのが面倒くさかった。他人が決めたルール内で生きる方が楽だと思い、無期懲役を狙った」との趣旨の供述をしていることが19日、捜査関係者への取材で分かった。

 また、新横浜-小田原駅間で犯行に及んだことについては「途中停車駅が少なく邪魔されずに目的を果たせると思った」と説明しているという。

 横浜地検小田原支部は同日、殺人などの罪で起訴した。同支部は、刑事責任能力の有無や程度を判断するため、7月13日から4カ月間、鑑定留置を実施。精神鑑定の結果を踏まえ、刑事責任を問えると判断した。

 起訴状などによると、小島被告は6月9日午後9時45分ごろ、新横浜-小田原間を走行中の東京発新大阪行きのぞみ265号(16両編成)の12号車内で、乗客の女性2人を鉈(なた)で切りつけたほか、止めに入った兵庫県尼崎市の会社員、梅田耕太郎さん=当時(38)=を殺害したなどとしている。

 小島被告の起訴を受け、梅田さんの妻は代理人弁護士を通じて「突然家族を奪われた悲しみが癒えることはありません。このような悲しい事件が起きないよう願うのみです」とのコメントを出した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ