PR

ニュース 社会

千葉遺体切断 37歳会社員を任意同行 死体損壊・遺棄容疑で逮捕へ 自宅を家宅捜索

千葉県の九十九里浜沿岸で切断された女性の遺体が見つかった事件で、この女性の自宅とみられる民家を捜索する千葉県警の捜査員=16日午前、同県八街市八街(白杉有紗撮影)
Messenger

 9月末から10月初旬にかけて千葉県の九十九里浜沿岸で相次いで女性の切断された遺体が見つかった事件で、千葉県警は16日、死体損壊・遺棄容疑で逮捕する方針を固めている同県八街(やちまた)市の会社員の男(37)を任意同行し、事情聴取を始めた。県警は発見された遺体を男の母親で無職の山田容子さん(75)と特定しており、同日、2人の自宅の家宅捜索を行った。男の容疑が固まり次第、逮捕する方針。

 男は午前8時ごろ、任意同行を求められた。

 女性の遺体は胴体が9月29日に同県大網白里(おおあみしらさと)市の堀川の河口付近で見つかり、その後、10月2日に頭部と右脚、同月8日に左脚がそれぞれ九十九里浜沿いで発見された。県警は遺体の切断面から、事故ではなく、何者かが遺体を切断し、遺棄したとみて捜査を進めていた。

 その結果、遺体の身元は歯の治療痕などから山田さんと判明。女性が9月以降、行方不明になっているにもかかわらず、同居する37歳の長男が捜索願を出していないなど、不自然な点があるため、県警は聴取に踏み切った。

 捜査関係者によると、遺体は9月26日深夜~27日未明ごろ、九十九里浜周辺に遺棄されたとみられるが、近くの防犯カメラに長男の車が写っていたことも分かった。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ