PR

ニュース 社会

偽スヌーピー商品販売容疑 大阪の女を逮捕

押収されたスヌーピーのデザインと文字を使用した類似商品=14日午後、奈良署
Messenger

 人気キャラクター「スヌーピー」のデザインと文字を使用した類似商品を販売したとして、奈良署は14日、商標法違反と不正競争防止法違反の疑いで、大阪市旭区生江、無職、上田小夜香容疑者(34)を逮捕した。

 署によると平成28年からインターネットのフリーマーケットサイトで、スマートフォンケースや小銭入れなどの類似商品を全国に約600点販売。約130万円を売り上げていたという。「生活に苦しく、スヌーピーは人気だったから」と容疑を認めている。

 米国のピーナッツ・ワールドワイド・エルエルシー社が商標権を持つ「SNOOPY」の文字とスヌーピーに酷似した犬のはんこを用意するなどし、商品を作っていた。

 逮捕容疑は今年5月から8月ごろまでに、類似する商標を付けた商品を大阪府、奈良県、和歌山県の3人の女性に合計4950円で販売し、商標権を侵害したなどとしている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ