PR

ニュース 社会

不動産会社元社長ら告発 インサイダーの罪 証券監視委

Messenger

 ジャスダック上場の不動産会社「ロジコム」(現LCホールディングス、東京)の未公表情報を基に、同社株をインサイダー取引したなどとして、証券取引等監視委員会は13日、金融商品取引法違反の罪で同社の本荘(ほんじょう)良一元社長(61)=東京都=ら3人を東京地検に刑事告発した。

 ほかに告発されたのは、尾崎明雄元社外取締役(63)=同=と、別の会社の栗原崇明(たかあき)役員(37)=同。

 監視委によると、本荘元社長はロジコム社の社長職にあった平成28年1月中旬、同社が第三者割当増資を行い、不動産会社「ダヴィンチ・ホールディングス」(現DAホールディングス、東京)と業務提携するとの未公表情報を入手。同月下旬~2月中旬、他人名義で同社株約1万9千株を約2400万円で買い付けたとしている。

 尾崎元社外取締役は同年2月上旬、栗原役員にこの情報を伝え、栗原役員は同社株1万株を1200万円で購入したとしている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ