PR

ニュース 社会

別の殺人告白の死刑囚、「殺させました」と無罪を主張

Messenger

 死刑が確定した後、別の2件の殺人事件への関与を告白し、殺人罪に問われた指定暴力団住吉会系元会長、矢野治(おさむ)被告(69)の裁判員裁判の初公判が12日、東京地裁(楡井(にれい)英夫裁判長)で開かれた。矢野被告側はいずれの事件についても無罪を主張した。死刑囚が被告となる裁判員裁判は初めて。

 矢野被告は青と緑のトレーナー姿で入廷。楡井裁判長に起訴内容の認否を問われると、会社役員の斎藤衛さん=当時(49)=の殺害について「私は殺していません。ただし殺させました」と発言。不動産業の津川静夫さん=同(60)=については「名前すら知りません。間違いです」と述べた。

 検察側は冒頭陳述で、自ら警視庁に送った手紙や取り調べで「自分が斎藤さんの首をネクタイで締めた」「津川さんを殺害させたのは自分だ」と告白していたと指摘。弁護側は「斎藤さんの殺害は実行しておらず、津川さんが死んだことは事後的に知った」と主張した。

 矢野被告は平成15年1月に前橋市のスナックで4人が死亡した拳銃乱射事件の首謀者として殺人罪などに問われ、26年3月に死刑が確定した。その後、斎藤さんと津川さんの殺害に関与したとする文書を警視庁に送付。文書などに基づいて2人の遺体が見つかり、2人に対する殺人で改めて逮捕、起訴された。

 起訴状によると、矢野被告は8年8月、元組員ら3人=いずれも死亡=と共謀して神奈川県伊勢原市内で津川さんを殺害し、10年4月には東京都豊島区のマンションで単独で斎藤さんを殺害したとされる。

 刑法は「確定死刑囚に他の刑は執行しない」と規定。2件の殺人で有罪が確定しても新たな刑は執行されないが、20年以上前の事件がどこまで真相解明されるか注目される。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ