PR

ニュース 社会

【太陽光発電は人を幸せにするか】(18) 事態を動かした知事の一声 つくば市民が筑波山の太陽光発電計画を止めたが…

「住民運動でも止めることができませんでした」と筑波山麓で唯一、建設された太陽光発電所を指さす渡辺一雄さん。まるで山に穴が開いているようだ=平成29年12月、茨城県つくば市沼田(三枝玄太郎撮影)
Messenger

 太陽光発電所の建設を規制する条例がないのに、建設計画を断念させたまちがある。

 茨城県つくば市沼田。約23万6千人の人口を擁する茨城県南部の学園都市・つくば市にあって、同市中心部から北部に約20キロ離れた、筑波山のふもとに位置する静かな町だ。

 平成27年10月、約280世帯の沼田区長の渡辺一雄さん(69)は市の職員の言葉に耳を疑った。

 「沼田の傾斜地に太陽光発電所ができるとは。しかも、もう伐採したって…。業者が伐採届けを市に出した段階で、何で知らせてくれなかったんだ」

 水郷筑波国定公園内に3つ、わずかに同国定公園の外に出たところに1カ所の建設計画があることが分かった。

 同年12月、渡辺さんらが音頭を取って、筑波山麓区長会▽筑波山神社▽筑波山温泉旅館協同組合▽筑波山宮前振興会の4団体で構成する「筑波山の自然、生活を守る会」が結成された。同じころ、つくば市議会でも全会一致で反対決議が採択された。同年12月25日、渡辺さんらは当時のつくば市の市原健一市長(66)=当時=に要望書を提出し、本格的な住民運動を始めた。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ