PR

ニュース 社会

山陽新幹線が一時緊急停止 山口、車両の異常表示

Messenger

 10日午前10時半ごろ、東京発博多行き山陽新幹線のぞみ3号が山口県の徳山-新山口間を走行中、運転士が車両の異常を示す表示に気付き、緊急停止した。点検の結果、異常は確認されず午前11時20分ごろ、新山口駅に向かった。

 JR西日本によると、乗客約800人は新山口駅で別の車両に乗り換えた。岡山-博多間の上下線で運転を見合わせていたが、上り線は午前11時15分ごろ、下り線は午後0時20分ごろ再開した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ