PR

ニュース 社会

民家で外国人?男性刺され死亡、自称会社員の女を現行犯逮捕 東京・立川

外国人男性が刺された現場付近を調べる捜査員ら=9日午後10時59分、東京都立川市
Messenger

 9日午後8時ごろ、東京都立川市西砂町の民家で、「男性が首から血を流して倒れている」と通行人の男性から110番通報があった。警視庁組織犯罪対策2課によると、室内で30代くらいの外国人とみられる男性が首を刃物で刺されており、搬送先の病院で死亡した。

 同課は殺人未遂容疑で、その場にいた東京都江東区塩浜の会社員、斎藤ありあ容疑者(27)=いずれも自称=を現行犯逮捕。容疑を認めており、調べに「男性と交際していた。右首をめがけて包丁で刺した」などと供述している。

 同課によると、現場には死亡した男性から連絡を受けた外国人男性3人が駆けつけており、事件直後に斎藤容疑者を取り押さえたと説明しているという。現場からは血のついた包丁1本が見つかった。死亡した男性は米国籍との情報があり、同課が身元の特定を急ぐとともに、殺人容疑に切り替えて詳しい動機などを調べている。

 現場は西武拝島線西武立川駅から北西に約1・2キロの住宅街。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ