PR

ニュース 社会

所属幕下力士が物損事故 大嶽親方「本当に申し訳ない」

大相撲九州場所が行われる福岡国際センター=10日、福岡市博多区(撮影・仲道裕司)
Messenger

 日本相撲協会は10日、福岡市博多区の福岡国際センターで記者会見し、大嶽部屋所属の幕下力士が9日未明に福岡県内で酒気帯びの疑いで乗用車を運転し、ガードレールに車をぶつける物損事故を起こしたと発表した。同乗者やけが人はおらず、力士は運転免許証を所持していたという。協会は力士の車、バイクの運転を禁止している。

 力士は当初、警察や師匠の大嶽親方(元十両大竜)に対し、運転は認めたが事故を起こしたことは否定。ただその後の相撲協会による聞き取りで事故の事実を認め、9日に再び警察の事情聴取を受けた。

 相撲協会の八角理事長(元横綱北勝海)は「発表した通り」と述べるにとどめた。大嶽部屋では元幕内大砂嵐が長野県で無免許運転したとして2月に道交法違反の罪で略式起訴され、3月に引退していた。会見に同席した大嶽親方は「言葉にならないくらいショック。本当に申し訳ない」と謝罪した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ