PR

ニュース 社会

相模原美容師殺害事件 初公判で被告は否認

Messenger

 相模原市南区のアパートの一室で平成28年6月、住人の女性美容師=当時(23)=が殺害された事件で、殺人の罪に問われた元交際相手で住所不定の無職、村上徹被告(40)の裁判員裁判の初公判が9日、横浜地裁(片山隆夫裁判長)であった。村上被告は「家に行ったが会ってはいない。私はやっていない」と起訴内容を否認した。

 検察側は冒頭陳述で「交際中の女性から避けられ、腹を立てて殺害した」などと指摘。弁護側は「DNA型鑑定の際、鑑定資料の取り違えがあった可能性がある」などと無罪を主張した。

 起訴状によると、村上被告は28年6月7日深夜から同8日未明までの間、相模原市南区内の女性宅で、女性の首をひものようなもので絞めて殺害したとしている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ