PR

ニュース 社会

神奈川県警 盗撮やパワハラなどで警察官3人を懲戒処分

Messenger

 盗撮やパワーハラスメントをしたなどとして、神奈川県警監察官室は8日、警察官3人を懲戒処分にしたと発表した。

 同室によると、伊勢佐木署付の男性警部(41)=8日付で依願退職=は10月5日、横浜市中区伊勢佐木町の量販店で、酒に酔った状態で芳香剤などを万引し、呼び止めた男性警備員2人に暴力を振るったとして、事後強盗容疑で現行犯逮捕(窃盗罪と暴行罪で不起訴)されていた。処分は停職3カ月。

 逗子署勤務の男性巡査(33)=8日付で依願退職=は9月5日、横浜市内の路上で酒に酔った状態で、携帯電話を使って女子高校生ら3人を盗撮するなどした。県警は8日に県迷惑行為防止条例違反容疑で書類送検した。処分は減給100分の10(6カ月)。

 刑事総務課付の男性警視(59)は中原署に勤務していた昨年9月ごろから今年9月20日までの間、同署員15人に暴言を浴びせるなどのパワハラをした。処分は戒告。

 千葉証同室長は「誠に遺憾で、深くおわび申し上げる」とのコメントを発表した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ