PR

ニュース 社会

消防司令補、同僚の財布から現金抜くもスマホで撮影され露見

Messenger

 名古屋市は8日、同僚2人の財布から現金計約6万円を抜き取るなどしたとして、北消防署の男性消防司令補(51)を停職6カ月の懲戒処分にした。司令補は窃盗容疑で書類送検されたが、10月に起訴猶予となった。

 市消防局によると、6~7月、当時配属されていた同署楠出張所の仮眠スペースで、同僚男性2人の財布やロッカーから9回にわたり現金とたばこ4箱を盗んだ。男性の1人が、仮眠スペースにスマートフォンを残して撮影すると、財布から現金を抜き取る司令補が写っていた。

 司令補は消防局の調査に「仕事外にもストレスを抱え、解消するためにした。全て飲食に使った。迷惑を掛け申し訳ない」と話したという。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ