PR

ニュース 社会

飲酒死亡事故で初公判 危険運転、札幌地裁

Messenger

 北海道登別市の道道で昨年11月、車を飲酒運転して赤信号を無視し、歩行者の少年をはねて死なせたとして、自動車運転処罰法違反(危険運転致死)と道交法違反(酒気帯び運転)の罪に問われた同市、元会社員藤森雄三被告(40)の裁判員裁判初公判が8日、札幌地裁(駒田秀和裁判長)で開かれる。

 起訴状などによると昨年11月27日夜、酒気を帯びた状態で乗用車を運転、赤信号を無視して時速91~97キロで交差点に進入し、横断歩道を渡っていた近くの森口修平さん=当時(19)=をはねて死亡させたとしている。

 道警によると、被告は事故直前、数キロ離れた場所で別の乗用車と追い越し合って接触事故を起こし、相手から警察に通報すると告げられ逃走。相手の車に追われ、森口さんをはねた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ