PR

ニュース 社会

和歌山・橋本の県道橋脚傾く 通行止め続く 

大きく傾いた恋野橋。隣(右側)には新しい橋を建設している=7日午後、和歌山県橋本市(小笠原僚也撮影)
Messenger

 和歌山県橋本市の紀の川にかかる県道の恋野橋(全長142メートル)で、橋脚が大きく傾いて今月2日から通行止めとなっている。県などによると、土台の川底部分が今夏以降の台風による増水で削られた可能性があるという。傾きは徐々に拡大しており、県などが傾きを止める方策を検討している。

 県によると、橋は設置から50年以上経過。10月30日に県職員が橋の路面の接合部分に最大4センチ程度の段差があるのを確認し、今月2日に通行止めにした。その後も傾きは拡大し、今では橋が上流側に「く」の字形に折れ曲がり、道路のゆがみが目視でも確認できる規模になった。

 隣に新しい橋を建設中だが、完成予定は平成32年3月。現在は下流側の西に約4キロ離れた国道の橋まで迂回(うかい)する必要があり、住民生活にも影響を及ぼしている。

 近くの主婦(73)は「(3日未明に)『ドーンドーン』と大きな音が聞こえて何事かと思った。傾いた橋を見て、怖くて足が震えた。病院や買い物に行くにも不便で、一日も早く復旧してほしい」と話した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ