PR

ニュース 社会

「ウイルス感染」は嘘 ネットの偽警告に注意を

Messenger

 国民生活センターは7日、インターネットを使用中に「ウイルスに感染した」という偽の警告画面を勝手に表示させ、セキュリティーソフトを購入させようとする悪質商法が多発しているとして、注意を呼び掛けた。4~9月に2135件の相談があり、昨年同時期の1601件に比べ、急増している。

 同センターによると、パソコンやスマートフォン上に突然、「ウイルスに感染した」という表示があり、記載の電話番号にかけさせる手口が目立つ。電話をかけると、セキュリティーソフト導入を持ち掛けられ、現金を要求される。

 中にはセキュリティー機能がないソフトを売りつけたり、ソフトすらなかったりする詐欺もあるという。被害者は男性が60~70代、女性は40~50代が多い。アダルトサイトだけでなく一般のサイト上でも警告表示が多く見られるという。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ