PR

ニュース 社会

間違った道路標識で29人に違反切符 静岡県警「適正欠いた」

Messenger

 静岡県警静岡南署が今月2日、可変式道路標識の表示が誤っていたことに気づかず交通取り締まりを行い、誤った標識に従って進入禁止方向に走行した車両などを摘発していたことが分かった。県警交通規制課が7日、発表した。

 不適切な交通取り締まりは、今月2日午前7時7分から53分ごろにかけて、静岡市駿河区手越の手越原交差点で行われた。この地点は複雑な五叉(ごさ)路で時間帯によって進入可能方向が変わるため、可変式の道路交通標識が設置されている。本来なら午前7時~8時半には「直進のみ」の標識が表示されるところ、この日は不具合によって「左折可」の標識が表示されていた。

 この間に「左折方向通行禁止違反」で29人が摘発されていた。中には誤った標識を確認した上で進入した摘発者もいたことから、同課では「適正を欠く取り締まりだった」として29人全員に対して反則金を還付するなどの措置をとる。

 同課の鈴木宏哉課長は「関係者にご迷惑をおかけしたことをおわびする。今後は交通安全施設の維持管理に万全を期すとともに、標識の視認性を確認するなどの再発防止策をとる」などとコメントした。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ