PR

ニュース 社会

京セラ元経理責任者を逮捕 架空取引で預金詐取疑い 神奈川

Messenger

 京セラ(京都市)の預金口座から架空の取引で約3700万円を着服したとして、神奈川県警は7日、詐欺容疑で、同社工場の元経理責任者、中川伸幸容疑者(52)=埼玉県朝霞市朝志ケ丘=を逮捕した。京セラによると、約1億2600万円を着服したとして刑事告訴していた。総額は約1億7800万円に上るという。

 逮捕容疑は平成24年9月、書類を偽造するなどして、会社の預金口座から取引先を装った自身が管理する架空口座に送金し、計約3700万円をだまし取ったとしている。

 京セラによると、中川容疑者は神奈川県秦野市の工場の経理責任者だった24年9月から昨年6月に計4回、架空口座に計約1億2600万円を送金していた。社内調査で発覚し、同社は昨年8月に懲戒解雇。今年2月、業務上横領罪で県警に刑事告訴した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ