PR

ニュース 社会

パート女性強殺、一部否認 19歳少年、名古屋地裁

Messenger

 滋賀県多賀町周辺で名古屋市のパート女性=当時(53)=を殺害し、現金やスマートフォンなどを奪ったとして、強盗殺人と死体遺棄の罪に問われた少年(19)の裁判員裁判初公判が7日、名古屋地裁(吉井隆平(たかひら)裁判長)で開かれ、少年は、「強盗殺人目的で殺害しようとしたが、遺棄する際は生きていると思った」と述べた。

 事件を巡っては、少年と共謀したとして住所不定、無職の西田市也(いちや)被告(22)が起訴され、公判前整理手続き中。西田被告は女性の仮想通貨「ビットコイン」をだまし取ったとして、電子計算機使用詐欺の罪でも起訴されている。

 起訴状によると、少年は西田被告と共謀して昨年6月18日、多賀町周辺で野田みゆきさんを車に押し込み、現金約5万円やスマホなどを奪った上、首を両手やUSBケーブルで絞めて殺害。遺体をキャリーバッグに入れて同町内にいったん隠し、同月20日、土中に埋め遺棄したとしている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ