PR

ニュース 社会

覚醒剤の原料提供疑い 17歳少年を逮捕

Messenger

 爆薬「TATP(過酸化アセトン)」を製造したなどの疑いで名古屋家裁に送致された名古屋市緑区の元大学生の少年(19)に、覚醒剤の原料を提供したとして、愛知県警名東署捜査本部は6日、覚せい剤取締法違反(製造)の疑いで茨城県古河市の自称派遣社員の少年(17)を逮捕し、同日までに元大学生を追送検した。

 2人の逮捕、追送検容疑は共謀して8月19日、元大学生の自宅で覚醒剤約0・612グラムを製造したとしている。

 捜査本部によると、2人は今年に入り、会員制交流サイト(SNS)で知り合い、少年が元大学生に覚醒剤の原料の一部を郵送していた。直接の面識はなかったという。

 また、捜査本部は6日、3Dプリンターで拳銃を製造したとして、武器等製造法違反の疑いでも元大学生を追送検した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ