PR

ニュース 社会

富山の動物園またサル脱走 捕獲のため休園に

Messenger

 富山市ファミリーパークは5日、園内で飼育しているニホンザル1頭が展示場から脱走したと明らかにした。園内にいることが確認されているが、捕獲のため当面の間休園する。同パークでは9月下旬と10月5日にそれぞれ1頭の脱走が判明し、一時休園の措置を取ったばかり。

 同パークによると、逃げたのは5歳の雄。午後3時35分ごろに「サルが外に出るところを見た。園内を歩いている」と来園客から電話があった。捕獲を試みたが、やぶの中に逃げ込み、日没で捜索を打ち切った。6日朝から再開する。

 同パークは10月5日から来園客の安全確保などを理由に休園。1頭は3日後に園内で捕獲され、展示場に新たな電気柵を設けるなどし営業を再開していた。もう1頭は園外に出た可能性が高く、まだ見つかっていない。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ