PR

ニュース 社会

積水ハウス55億被害地面師事件 地面師グループ8人を再逮捕 虚偽の仮登記申請容疑 警視庁

偽の土地取引の交渉に立ち会う羽毛田正美容疑者とみられる女(提供写真)
Messenger

 住宅大手の積水ハウス(大阪市)が約55億円の被害に遭った東京都内の不動産取引をめぐる地面師事件で、警視庁捜査2課は5日、偽造有印私文書行使などの疑いで、所有者の女性になりすました職業不詳、羽毛田正美容疑者(63)=東京都足立区足立=ら地面師グループの男女8人を再逮捕した。

 調べに対し、羽毛田容疑者は「地主になりすましたことに間違いない」と供述、他の7人は容疑を否認している。同課はこれまでに11人を逮捕しており、残る3人も順次再逮捕する方針。海外出国するなどした2人の行方を追うほか、詐欺容疑での立件を視野に捜査を進める。

 逮捕容疑は、昨年4月下旬、積水ハウスとの品川区西五反田の旅館跡地売買をめぐって所有者の名義を変更するため、法務局に偽造した委任状などを提出し、虚偽の仮登記を申請したとしている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ