PR

ニュース 社会

中核派全学連活動家を逮捕 東洋大に侵入疑い、機関誌配布

Messenger

 東洋大学のキャンパス内に許可なく侵入したとして、警視庁公安部は4日、建造物侵入の疑いで、過激派・中核派系の全日本学生自治会総連合(全学連)活動家、内海佑一容疑者(38)と作部(さくべ)羊平容疑者(27)=ともに住所、職業不詳=の2人を逮捕した。調べに対し、2人は黙秘している。

 逮捕容疑は、7月下旬、共謀して東京都文京区の東洋大学白山キャンパスの建物内に無断で侵入したとしている。

 同部によると、2人はキャンパスの建物内にあるサークル団体の部室を訪問し、中核派の機関紙「前進」や同派作成のビラを配布。同部は、東洋大での中核派活動家の在籍を確認しておらず、2人が学生の勧誘を目的に大学に侵入したとみている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ