PR

ニュース 社会

パトカーが追跡の車衝突 酒気帯びか、同乗者骨折

Messenger

 3日午後10時45分ごろ、神戸市垂水区下畑町の県道で、兵庫県警のパトカーに追跡された乗用車が信号の柱に衝突し、助手席の20代の男性が太ももを骨折する重傷を負った。須磨署は、追跡を受けている間に車に当て逃げしたとして、道交法違反(事故不申告)の疑いで、乗用車を運転していた男を現行犯逮捕した。

 須磨署によると、男は神戸市垂水区下畑町東松山、無職、新井達也容疑者(24)。けがはなかったが、呼気から基準値を上回るアルコールが検出された。同法違反(酒気帯び運転)などの疑いも調べる。

 約4キロ離れた神戸市須磨区の路上で、タイヤが破裂した新井容疑者の車を署員が発見。職務質問すると逃げたため、パトカーで追い掛けた。新井容疑者は「車にぶつかったが、飲酒していたので逃げた」と供述している。当て逃げされた車に乗っていた女性にけがはなかった。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ