PR

ニュース 社会

安田純平さん会見詳報(9)「紛争地に行く以上は当然、自己責任」

会見する安田純平さん=2日、東京都千代田区(荻窪佳撮影)
Messenger

前のニュース

 《内戦下のシリアで2015年6月に拘束され、約3年4カ月ぶりに解放されたジャーナリストの安田純平さん(44)が2日、日本記者クラブで行った記者会見。武装勢力による拘束生活をめぐる説明は、ついに解放の動きがあった場面に。「今から帰すから」と連絡が来て車に乗せられたと語った安田さん。シリア入りから40カ月の今年10月22日、自分自身が絶対に過ぎないでくれと思っていた日だったという》

 安田さん「車に乗り込むと、『今から日本だぜ。うれしいか? お前、東京に住んでいるのか?』といわれて、『東京だ、東京だ』と言ってしまったんだけど、これも日本人とは言っちゃいけないルールだったようでした」

 《拘束中、自らが日本人であることが分かる発言をすることは禁じられていた》

 安田さん「結局この日夜、一戸建ての民家に移されました。一晩ひっぱられて、翌23日の朝に『今からトルコに行くから』といわれて車に乗せられました。また移動して車が止まって、彼らが何かやりとりした後に車から降ろされて、また別の車に乗せられて、車の中で英語で『もう大丈夫だから。お前もう(トルコの)アンタキヤ直行だよ』と言われました。彼らは『トルコ人だ』と言ったんですね。それでたばこを吸い始めた。私が監禁されている間、ずっとたばこを吸う人間はいなかったので、これは彼ら(武装勢力)じゃないなと。彼らは本当にトルコ人なんだなと思いました」

 「その車に乗せられたときも目隠しはされていました。国境付近からトルコのハタイ県アンタキヤという土地まで運ばれました。そこの入管施設の100メートル手前になって目隠しを外され、『お前はこれで解放された』と言われました。入管施設に入れられて、事務所で『解放だよ』と。私の解釈では、トルコの情報機関がおそらくシリア側まで入り込んで私の引き受けをしたんじゃないかと。トルコ側に戻す間は目隠しをしていましたが、トルコ側で身元引き受けをしたのなら目隠しは必要なかったと思います。シリア側にどこからどこまで入り込んだのかを隠すために、トルコ側が引き受けたにもかかわらず、1時間近く目隠しを続けたのではと解釈しています」

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ