PR

ニュース 社会

職質中に暴れ死亡の男性、死因は急性循環不全 埼玉県警

Messenger

 埼玉県川越市で職務質問中に暴れだし、路上に取り押さえられたところ、意識を失って死亡した同県狭山市に住む職業不詳の男性(33)について、埼玉県警は1日、司法解剖の結果、死因は急性循環不全だったと発表した。

 県警によると、外傷や内臓への損傷はなく、薬物使用や飲酒の形跡もなかった。県警は警察官による制圧との因果関係を引き続き調べる。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ