PR

ニュース 社会

高須クリニック側、2審も敗訴 CM「陳腐」発言訴訟

高須クリニック・高須克弥院長(宮崎瑞穂撮影)
Messenger

 国民民主党の大西健介議員にCMを「陳腐」と言われ、名誉を毀損されたとして、美容外科「高須クリニック」を運営する医療法人が大西氏や同党、国などに1千万円の損害賠償などを求めた訴訟の控訴審判決が1日、東京高裁であった。菅野雅之裁判長は「発言は名誉毀損とは認められない」として請求を棄却した1審東京地裁判決を支持、医療法人側の請求を棄却した。

 クリニックは「イエス、高須クリニック」のCMで知られる。大西氏は昨年5月、衆院厚生労働委員会で、美容外科の広告規制に触れ「『イエスまるまる』と連呼するだけのCMなど、非常に陳腐なものが多く、患者が医療機関を選ぶ上で有用でない」などと発言した。

 菅野裁判長は、発言は「医療機関名だけを告げるCM一般を対象としており、殊更に原告のCMを批判する趣旨ではない」と判断。「具体例に挙げられ不快な思いをしたのは理解できるが、発言が医療法人の社会的評価を低下させるものとはいえない」とした。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ