PR

ニュース 社会

寝屋川中1男女殺害 殺意否認 被告側、致死罪主張 大阪地裁初公判

大阪地裁で裁判員裁判の初公判に臨む山田浩二被告(イラストと構成・田村角)
Messenger

 平成27年8月に大阪府寝屋川市の中学1年、平田奈津美さん=当時(13)=と同級生の星野凌斗(りょうと)さん=同(12)=が殺害された事件で、2人への殺人罪に問われた山田浩二被告(48)に対する裁判員裁判の初公判が1日、大阪地裁(浅香竜太裁判長)で開かれた。山田被告は2人とも「殺すつもりはありませんでした」と起訴内容を否認。弁護側は平田さんは傷害致死罪、星野さんは保護責任者遺棄致死罪にとどまると述べ、殺人罪の成立を争う意向を示した。

 2人に対する殺人罪が成立するかが最大の争点。山田被告は逮捕当初、平田さんを車に連れ込んだことは認めたが、黙秘に転じた。この日は開廷直後、法廷で土下座して涙を流し、遺族がいるとみられる席に向かい、「経緯はどうあれ死の結果を招いてしまい、申し訳ありません」と述べた。

 検察側は冒頭陳述で、山田被告が「2人と車に乗り、殺害まで行動をともにしていた」と指摘。事件当日、スマートフォンで睡眠導入剤の商品名や「子供」「効き目」などと検索していたことも明らかにした。

 一方、弁護側も冒頭陳述を行い、遊びに連れて行ってほしいと言われて2人を車に乗せたと反論。星野さんは「車に乗っている間に体調不良で死亡」とし、平田さんは「帰りたくないと言ったため静かにさせようと口をふさいだ」と殺意を否定した上で、当時は精神障害による心神耗弱状態だったと主張した。

 起訴状によると、山田被告は大阪府内かその周辺で、27年8月13日午後7時ごろから同11時10分ごろまでの間、平田さんの首を手などで圧迫し、顔に粘着テープを何重にも巻き付けた上、鼻と口をふさぐなどして窒息させて殺害。同日ごろ、星野さんの首を何らかの方法で圧迫し、窒息させて殺害したとしている。

 公判は11回が予定され、12月19日に判決が言い渡される予定。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ