PR

ニュース 社会

大阪府枚方市の住宅で親子とみられる3人刺され死亡 

親子3人が刺された民家を調べる大阪府警の捜査員=1日午前5時14分、大阪府枚方市(沢野貴信撮影)
Messenger

 1日午前2時40分ごろ、大阪府枚方市片鉾東(かたほこひがし)町の会社員の男性(48)宅で、「部屋の外から叫び声がする」と男性の高校生の長男(16)から110番があった。駆けつけた府警枚方署員が、男性と妻、娘の3人が血を流して倒れているのを発見。いずれも複数の刺し傷があり、搬送先の病院で死亡が確認された。男性の近くに血のついた刃物が落ちており、府警は無理心中の可能性があるとみて詳しい状況を調べている。

 同署によると、死亡したのは男性と、アルバイトの妻(49)、大学生の長女(20)。男性方は4人暮らしで妻は1階、長女は2階で倒れているのが見つかり、それぞれ背中などに複数の刺し傷があった。男性は2階の階段付近で倒れており、3人とも発見時には心肺停止状態だった。

 玄関は施錠されており、外部から侵入されたり、荒らされたりした形跡はなかった。長男は長女とみられる叫び声を聞いて自分の部屋から110番した。同署の調べに「怖くて警察が来るまで部屋の中にいた」と説明。何者かに部屋を開けられそうになり、内側から押さえていたという。けがはなかった。

 現場は京阪牧野駅から南東に約1・2キロの住宅街。周囲には規制線が張られ、夜が明ける前から捜査員が慌ただしく動き回るなど物々しい雰囲気に包まれた。

 近くに住む男性会社員(46)は「救急車やパトカーが次から次に来て、ただごとではないと感じた。普段は静かな地域なので、ただただ驚いている」。別の男性会社員(44)は「午前3時ごろ、サイレンの音で目が覚めた。こんなことは初めてで、何があったのか知りたい」と不安そうに語った。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ