PR

ニュース 社会

暴力団の資金源…住宅街を舞台「大麻ハウス」の実態

横浜市内の住宅で栽培されていた大麻草(県警提供)
Messenger

 横浜市内の3軒の住宅で、営利目的で大麻草を育てていた男ら8人を神奈川県警薬物銃器対策課が10月、大麻取締法違反容疑で逮捕した。現場となったのは、いずれもありふれた住宅街にある戸建てだった。犯行グループは「バレにくい」と目をつけたのか、大胆にもそこで、末端価格にして約3300万円の大麻草や乾燥大麻を生産。密売で得た収益は暴力団の資金源になっていたとみられている。多くの住民にとって平和な日常に、突如として出現した「大麻ハウス」の実態とはどういったものだったのか。

 同課によると、情報をもとに今年の春先から内偵捜査が始まり、約半年が経過した10月の17日と18日、市内3カ所の住宅に捜索の手が入った。大麻栽培は強い光を当てて、光合成を促すという特徴がある。

 ■過剰な電気料金

 捜査関係者によると、住宅1カ所当たりの電気料金は月々6万円を超えており、室内で一般の生活とは異なる「何か」が行われているのは明らかだった。結果、3カ所からは大麻草合計144本が見つかり、すでに乾燥が済んだものも2500グラム以上が押収された。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ