PR

ニュース 社会

「メダカを増やしたかった…」店からメダカ入り容器盗む

Messenger

 観賞魚店でメダカの入った容器を盗むなどしたとして、福島市は31日、教育委員会の出先機関に勤務する男性事務職員(44)を停職6カ月の懲戒処分にしたと発表した。処分は同日付。市の聞き取りに「メダカを増やしたかった」などと話しているという。

 市によると、男性職員は今年4月6日午前5時ごろ、閉店していた市内の観賞魚店から、外に置かれていたメダカ30~40匹と水草5~6本の入ったプラスチック製容器と鉢植え1個、計2万7500円相当を盗んだ上、10日午前5時40分ごろにも閉店中の市内の生花店から、約1万5千円相当のしゃくなげの鉢植え1個を盗んだ。同日午前6時45分ごろ、付近を巡回中の警察官が職務質問したことで2件の犯行が発覚した。

 男性職員は逮捕されず、勤務を続けながら任意の捜査を受けていたが、10月上旬に書類送検されたという。市の聞き取りに対して「幼いころからメダカが好きで増やしたかった。鉢植えは自宅や実家に飾りたかった。大変に申し訳ない」と話しているという。

 同市の木幡浩市長は「市の職員が窃盗事件を起こし、関係者、市民に深くお詫びする。二度とこのような事態が生じないよう、綱紀粛正を徹底する」と陳謝のコメントを出した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ