PR

ニュース 社会

患者情報入りUSB紛失 滋賀県立総合病院、最大48人分

記者会見の冒頭、頭を下げて謝罪する滋賀県立総合病院の川上賢三副院長(中央)ら=29日、滋賀県庁
Messenger

 滋賀県立総合病院(滋賀県守山市守山)は29日、30代の女性医師が患者の個人情報が入ったUSBメモリーを院内で紛失したと発表した。USBには最大48人の患者の氏名や患部の画像などが保存されていた。今のところ、情報の流出や悪用は確認されていないといい、すでに患者には文書で謝罪した。

 USBには今年9月から今月18日までの間に、女性医師が所属する診療科を受診した患者のひらがな書きの氏名や患部の画像などのデータが入っていた。最大で患者48人分のデータが保存されていたが、セキュリティー用のパスワードは設定していなかったという。

 同病院によると、女性医師は今月18日に病院内で開かれた会議でUSBに保存した画像を使用。会議後、USBをコインケースにしまい、白衣のポケットに入れた。白衣は退勤時に更衣室のロッカーにかけたが、翌日の出勤時にコインケースがなくなっていることに気づいた。更衣室は関係者しか入れないが、ロッカーに鍵をかけていなかった。

 女性医師は守山署に遺失届を提出。USBに保存されていた可能性のある患者48人に謝罪文書を送った。

 同病院の川上賢三副院長は29日、県庁で記者会見し、「患者の方々に大変な不安を与えてしまい、申し訳ない」と改めて謝罪した。

 同病院を所管する県病院事業庁は女性医師の懲戒処分を検討している。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ