PR

ニュース 社会

仏人女性不明3カ月 安全な日本でなぜ 「家族の絶望大きい」駐日大使

ベロン・ティフェヌ・マリー・アリックスさん(提供写真)
Messenger

 今年7月、栃木県日光市へ観光に訪れたフランス人女性、ベロン・ティフェヌ・マリー・アリックスさん(36)が不明になってから、29日で3カ月を迎える。フランス人観光客に人気の「安全な日本」で起こった事案に、仏国内でも関心は高く、捜索強化などのため、在日フランス大使館が積極的に関係当局に働きかけている。ベロンさんの家族はマクロン仏大統領とも面会。同大使館は「行方がわかるまで継続的に関わる」としている。(佐々木正明)

 ベロンさんは7月28日から日光に滞在。翌29日午前、消息が途絶えた。宿泊先には荷物やパスポートが残され、軽装で外出したとみられる。栃木県警は捜索を続けているが、有力な手がかりは得られていない。

 心配する家族がたびたび来日し、情報提供を呼びかけている。ベロンさんにはてんかんの持病があったが、10月初旬から日光に滞在している兄のダミアンさん(38)は「ここ2年、病気は安定していた。彼女は身体に危機があったときのためにどうしたらよいかを示す日本語と英語の注意書きを持っていた」という。仏西部ポワチエに居住し、小学校に勤務しているベロンさんのことを心配し、学校ではチャリティーをして、捜索のための資金を家族に援助しているという。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ