PR

ニュース 社会

入院の祖父刺殺疑い孫逮捕 28歳女「殺すつもり」宮城

事件があった宮城県大崎市の同市民病院鹿島台分院=27日正午ごろ
Messenger

 宮城県警古川署は27日、入院中の祖父(88)を果物ナイフで刺し殺害したとして、殺人と銃刀法違反の疑いで、孫で同県大崎市鹿島台木間塚小谷地の無職、萩川未貴容疑者(28)を逮捕した。「最初から祖父を殺すつもりで刺した」と容疑を認めている。

 逮捕容疑は26日午後8時10分ごろ、大崎市の同市民病院鹿島台分院で、入院中の祖父、功さんの脇腹を持ち込んだ果物ナイフで刺して殺害したとしている。

 同署によると、萩川容疑者は面会記録に記入し1人で病室を訪れた。刃渡り約13センチの果物ナイフでベッドにいた功さんを刺した後、近くの交番へ自首。ナイフは病室で発見された。

 病室は4人部屋で、当時は功さんのほかにもう1人患者がいた。警察官から電話を受け、病院関係者が刺されて横たわっている功さんを発見した。自首した際、別の折りたたみナイフを所持しており、同署は詳しい動機を調べる。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ