PR

ニュース 社会

金券ショップで催涙スプレー噴射か 客ら7人搬送 東京・新宿

催涙スプレーがまかれたとの情報があり、新宿駅西口近くに集まる警察官や消防隊員ら=26日夜、東京都新宿区(鴨川一也撮影)
Messenger

 26日午後7時50分ごろ、東京都新宿区西新宿の金券ショップで、「男が店内でスプレーをまいた」と女性店員から110番通報があった。警視庁新宿署によると、催涙スプレーがまかれたとみられ、近くにいた客や店員ら7人が目やのどの痛みなどを訴えて救急搬送された。いずれも意識はあり、命に別条はないという。

 同署によると、男性店員とトラブルになった男がスプレーをまいたという。男はその場から逃走しており、同署が傷害容疑で行方を追っている。男は40~50歳くらいで、身長160~165センチの中肉。上下とも黒い服で、黒のニット帽をかぶっていた。

 現場はJR新宿駅西口そばの飲食店が並ぶ繁華街の一角で、一時騒然となった。通行人の女性(31)は「タマネギのような臭いがして、目と鼻の奥が痛くなった」と話した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ