PR

ニュース 社会

男湯を盗撮した男性教諭を懲戒免職

Messenger

 埼玉県教育委員会は26日、さいたま市の温泉施設の男湯で男性客の裸を盗撮したとして、同県草加市立花栗中学校の男性教諭(33)を懲戒免職処分にした。男性教諭は「見ているだけで物足りなくなってしまった。自分が起こしてしまったことが情けない。大変申し訳ない」と話している。

 県教委によると、男性教諭は9月22日午後5時ごろ、さいたま市の温泉施設で、スマートフォンをかごに入れてタオルで隠した状態で男湯に持ち込み、約5分間撮影した。また、7月にも同じ施設で盗撮を行っていたという。

 8月に県教委が実施した臨時の「県市町村教育委員会教育長会議」では、盗撮をモデルにした不祥事防止の講演が行われていた。

 また、県立鴻巣女子高校の男性校長(57)が同日、平成28年度に勤務していた県立羽生実業高校で、生徒から集めた現金15万円の紛失事故が発生した際、県教委への報告を怠ったとして懲戒戒告処分を受けた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ