PR

ニュース 社会

深夜の西武池袋線踏切事故、けがなし 500人乗せ一時立ち往生

Messenger

 26日午前0時10分ごろ、東京都練馬区の西武池袋線大泉学園-保谷間の踏切で、走行中の元町・中華街発清瀬行きの8両編成の下り電車と乗用車が衝突した。けが人はいなかった。

 警視庁石神井署によると、車は遮断機が下りた状態の踏切に突っ込んだとみられる。免許を所持していなかったことから、同署は道交法違反の疑いで、運転していた東京都葛飾区の20代の女を現行犯逮捕した。車には20代男性が同乗していたという。

 西武鉄道によると、電車の床下機器が破損し、約500人を乗せたまま一時立ち往生した。午前2時5分ごろまでに全員降車し、線路上を保谷駅まで歩いた。体調不良を訴えた人はいなかった。

 影響で同線は池袋-飯能間の下り線で運転を見合わせていたが、衝突から約3時間後に再開した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ